クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
* フリースペース *
■新着エントリー
 ・08-24  ※2016年5月度の人気クレジットカードランキング
 ・08-21  ※ブラジルのプレミアムカード:Bradesco Visa infinite
 ・08-21  ※ブラジルのプレミアムカード:Visa Infiniteの付帯保険
 ・08-20  ※ブラジルのプレミアムカード事情 VISA INFINITE、VISA Platinumなど
 ・06-17  ※2016年4月度の人気クレジットカードランキング
 ・06-11  ※2016年3月度の人気クレジットカードランキング
 ・06-10  ※2016年2月度の人気クレジットカードランキング
 ・06-10  ※2016年1月度の人気クレジットカードランキング
 ・03-07  ※2015年12月度の人気クレジットカードランキング
 ・02-25  ※2015年11月度の人気クレジットカードランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

クレジットカード比較の達人ゴールドカード比較の達人における2016年5月度の人気No.1クレジットカードは楽天プレミアムカードでした。
同カードは、2月、3月度に続き、今年3度目の人気1位達成です。

楽天プレミアムカードは、いつでもポイント1%還元。2016年1月18日より、楽天市場や楽天ブックスなどで最大7倍のポイントがたまるスーパーポイントアッププログラムが始まり、楽天で圧倒的にお得です。

くわえて、楽天プレミアムカード会員は、世界850ヵ所以上の空港VIPラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員(通常年会費399米ドル)に無料で入会できるのが非常に大きな魅力です。

プライオリティ・パス無料入会特典は日本国内でこそ大半のプラチナカード(年会費20,000~130,000円+税)で提供されていますが、海外ではプラチナカードはおろかVisa SignatureカードやWorld MasterCardであっても必ずしも装備されているわけではない、希少なプレミアムサービスです。そのプライオリティ・パスを年会費わずか1万円(税別)の楽天プレミアムカードが無料で提供しているのは驚き以外の何物でもありません。

しかも、楽天プレミアムカードは、入会後の利用条件クリアで10,000円相当の楽天スーパーポイントがもらえる入会キャンペーンを随時実施しています。楽天をよく利用する方はもちろん海外に渡航する機会のある方にも非常におすすめです。



2位には、先月に同じくビックカメラSuicaカードが入りました。同カードはJR東日本沿線で便利でお得なSuica機能とビックカメラでのポイント11.5%還元が魅力です。



3位には、3ヵ月連続でデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがランクインしています。
同カードは入会するだけでデルタ航空スカイマイルのゴールドメダリオン会員になれる航空系最強カードです。

ゴールドメダリオン会員は、デルタ航空利用時に、購入航空券代金1ドルにつき+3マイルのボーナスマイル、優先チェックイン、優先搭乗、預け手荷物+20kgもしくは+1個などの特典を利用できるうえ、
デルタ航空を含むスカイチーム加盟航空会社利用時は、搭乗クラスに関わらず、世界500ヵ所以上のラウンジ(主にスカイチーム航空会社が運営するVIPラウンジ)を同行者1名まで無料で利用できます。
今なら、入会&利用で最大56,000マイル獲得できる大型入会キャンペーンを実施中です。



今月の注目のクレジットカード

先月15位から今回4位に大躍進したMFUGカードゴールドは、今なら入会&利用でギフトカード最大12,000円分のチャンス!(~9/30) 同カードは年会費1,905円(税別)ながら、国内の6大国際空港のラウンジ12ヵ所およびホノルル国際空港のラウンジを無料で利用することができます。



その他、上位にランクインした人気カードはいずれもかなりお得な入会キャンペーンを実施中です。

5位(6←10) 三井住友VISAゴールドカード


6位(7←7) JCBゴールド


7位(4←19) セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード


10位(5←12) American Express Gold Card


2016年5月の人気クレジットカードTOP50

1位(8←1) 楽天プレミアムカード
2位(2←4) ビックカメラSuicaカード
3位(3←3) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
4位(15←15) MUFGカードゴールド
5位(6←10) 三井住友VISAゴールドカード
6位(7←7) JCBゴールド
7位(4←19) セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
8位(10←6) JALカード
9位(1←2) 「ビュー・スイカ」カード
10位(5←12) American Express Gold Card
11位(11←8) 三井住友プライムゴールドカード
12位(13←14) セゾン プラチナ・ビジネスAMEX
13位(14←16) 楽天カード
14位(16←13) ダイナースクラブカード
15位(9←5) ANA VISA Suicaカード
16位(12←9) アメリカン・エキスプレス・カード
17位(17←20) TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
18位(18←11) ANAアメリカン・エキスプレス・カード
19位(26←28) Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
20位(19←33) 三井住友クラシックカードA
21位(25←18) エポスカード
21位(19←22) MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
23位(20←23) MileagePlusセゾンカード
24位(26←21) JCB EIT
25位(21←17) ANA VISA/マスターカード
26位(23←27) オリコiB(iD×QUICPay)
27位(44←30) MileagePlusセゾンゴールドカード
28位(48←-) JMBローソンPonta
29位(38←-) AMEXビジネス・ゴールド・カード
30位(24←38) JCB一般カード
31位(22←24) ビューカードルミネ
32位(34←30) Jaccsハマカード
32位(47←44) Orico Card THE POINT
34位(37←51) 新生アプラスゴールド
35位(-←46) セディナJiyu! da!
36位(33←36) Amexスカイ・トラベラー・カード
37位(46←39) オリコExecutive Gold BiziD×QUICPay
37位(41←-) JCBプラチナ法人カード
39位(31←26) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
40位(-←30) 三井住友デビュープラスカード
40位(-←49) 三井住友アミティエカード
42位(28←29) ライフカード
43位(32←25) Yahoo! JAPANカード
43位(44←35) セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
45位(-←-) セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
46位(-←53) dカードGOLD
47位(38←52) ANAダイナースカード
48位(30←44) イオンJMBカード
48位(-←49) To Me CARD Prime Nicos
50位(36←40) ANA American Express Gold
51位(-←38) セゾンカードインターナショナル
51位(41←-) セブンカードプラス
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

ブラジルの銀行の最大手は、Banco do BrasilとBradescoです。

私は個人名義の口座をBradescoに開設しているため、Bradescoのクレジットカードを使っています。

Bradescoの最上位カード「Bradesco Visa infinite」の基本スペックは、2016年8月現在、

Bradesco Visa infinite

最低月収:2万レアル(約6,250米ドル) ※ブラジルの最低月収の22倍強。詳細はこちら≫
年会費:6×141.67レアル (850レアル)(約265米ドル)
各種付帯保険
プライオリティ・パス無料入会特典なし
ポイントプログラム:ショッピング利用1米ドル相当につき、
月額利用総計9,000レアル以上の場合、2ポイント
月額利用総計9,000レアル未満の場合、1.8ポイント
がつきます。

ポイント交換は非常に多彩です。何しろ、ショッピングサイトや旅行サイトでポイントを利用することができます。
ちょっとした電子マネーの感覚です。
ショッピングサイトで各種商品購入にポイントを利用した場合、1ポイント=0.015レアル相当のようです。
一方航空券購入にポイントを利用する場合、1ポイント=0.025レアル相当となり、かなりおトクです。
さらに、1,000ポイントごとに、LATAMやAZUL、GOLといったブラジル航空会社のマイレージに、1対1で交換することもかのうです。
その場合、1ポイント=1マイル=0,028レアル程度の価値で特典航空券に交換することができます。

Bradesco VISA INFINITEのポイント還元率は、
1ドル=3.2レアルかつ1ポイントの価値=0.025レアルと仮定すると、

◎1ヵ月の利用総額9,000レアル未満の場合、
カード利用1ドル(3.2レアル)につき1.8ポイント×0.025=0.045レアル相当のポイントが貯まりますので、
0.045÷3.2×100=1.4%還元になります。

◎1ヵ月の利用総額9,000レアル以上の場合は、
カード利用3.2レアルにつき2ポイント×0.025=0.05レアル相当のポイントが貯まりますので、
0.05÷3.2×100=1.56%還元になります。


VISA INFINITE入会に当たっては、じつは最低月収2万レアルを満たしていなくても、入会することは可能です。
Bradesco銀行の顧客担当のマネージャーに、VISA INFINITEが欲しいという旨を伝えれば、月収2万レアル未満の方であっても、預貯金が多いなど、優良顧客と判断される方なら入会できるはずです。

さて、Bradesco Visa infiniteのコストパフォーマンスについて触れておきます。

私がBradesco銀行に口座を開設すると、その直後にBradescoのクレジットカード会社から電話がありました。
初年度年会費無料ということで、Bradesco Visa PlatinumとAmerican Express Platinum Credit Cardに入会しました。

Bradesco Visa Platinumのスペックは2016年8月現在、
年会費:420レアル
1米ドル相当につき
国内利用分は1ポイント
国外利用分は1.2ポイント
が加算されます。

Bradesco Visa Platinumのポイント還元率は、
カード利用3.2レアルにつき1ポイント=0.025レアル相当のポイントが貯まりますので、
0.025÷3.2×100=0.78%還元になります。

ちなみに私が入会した2013年当時、
Bradesco Visa Platinumは、国内外を問わず、1米ドル相当利用につき1.3ポイント加算だったと思います。
Bradesco Visa infiniteも、月間利用総額に関わらず1米ドル相当利用につき一律2ポイント加算でした、

しかも2013年当時は、為替レートが1ドル=2レアルでしたから、ポイント還元率は2016年現在と比べて随分高かったです。

Bradesco Visa Platinumは、
1米ドル(2レアル)利用につき1.3ポイント×0.025レアル=0.0325レアル相当ポイント加算
0.0325÷2×100=1.625%還元

Bradesco Visa infiniteは、
1米ドル(2レアル)利用につき2ポイント×0.025レアル=0.05レアル相当ポイント加算
0.05÷2×100=2.5%還元

その当時、2券種の年会費の差額は350レアル程度でした。
ではカード利用額年間いくらα以上で、Bradesco Visa infiniteのポイント還元額がVISA Platinumとの差額をペイできるのかを試算してみると、
0.025α-0.01625α=350
0.00875α=350
α=350÷0.00875=40,000レアル

つまり、年間40,000レアル以上、カード利用する場合は、Bradesco Visa infiniteの方がおトクということになりました。
しかも、ネットでBradesco Visa infiniteの情報を収集したところ、
カード利用状況に応じて、カード年会費は交渉可能ということが分かりました。

Bradesco Visa infiniteは、VISA Platinumに比べて、ポイントプログラムがお得なだけでなく、
ステイタスはもちろん、カード付帯保険もかなり充実しているため、
私は2013年にBradesco Visa infiniteにカードを切り替えました。

Bradesco Visa infinite入会時に届いたキットがコレ
↓↓

DSC09404.jpg

DSC09405.jpg

Bradesco Visa infiniteの使ってみての感想ですが、

正直、カードフェイス自体にはステイタスは感じません。
それでも、リオのコパカバーナに面するいいホテルに泊まった時、
電話予約の時点では、ルームアップグレード云々という話はまったくなかったのですが、
チェックインの際の前払いでVISA INFINITEを使ったせいなのでしょう、
向こうの方から「ルームアップグレードさせていただきました」
との気持ちのよい対応をしていただきました。

Bradesco Visa infiniteの年会費については、初年度と次年度は通常年会費を支払いましたが、
3年目の年会費については、カード会社に「年会費は値引きにならないのですか?」と電話で確認したところ、

「利用状況を確認いたします。」
と言われて、数分待たされた後、

「お客様の場合は、年会費75%引きとさせていただきます」

との回答でした。

Bradesco Visa infiniteは高額年会費の割にプライオリティ・パス特典は付帯していませんが、
結局、年会費が75%OFFにまでなるのであれば、極めて魅力的なカードであると思います。

なお、Bradesco Visa infiniteには、

◎海外旅行/死亡・後遺障害保険(最大150万ドル) 
◎海外旅行/緊急搬送費用(10万ドル、出発日から60日以内)
◎海外旅行/緊急治療費用(3万ドルorユーロ上限、出発日から60日以内)
◎海外旅行/救援者費用(10万ドル上限、出発日から60日以内)
◎海外旅行/中途帰国費用(1万ドル上限、出発日から60日以内)
◎海外旅行/旅行中断費用(1,000ドル上限、出発日から60日以内)
◎海外旅行/航空機寄託手荷物紛失費用(5,000ドル上限)
◎買物保険(年間2万ドル限度。購入日から45日間) 
◎国内旅行/死亡・後遺障害保険(最大5万ドル。自宅から150km以上離れた目的地かつ60日以内)

◎航空機寄託手荷物遅延費用(500ドル上限)
◎公共交通機関寄託手荷物紛失費用(1,500ドル上限)
◎航空機遅延費用・乗継遅延費用(300ドル上限) 
旅行キャンセル費用(3,000ドル上限) 

◎レンタカー保険
◎ショッピング保険(年間5,000ドル上限、購入日から45日間)
購入品1年延長保証(メーカー保証上限3年までの購入品を1年間追加保証)
価格保証(年間4,000ドル上限。購入後30日以内に、同一商品が安く売られていた場合、差額を還元)

が付帯しています。

日本発行のプラチナカードと比べて、ステイタスはもちろん、付帯保険の内容においても全般的に優れている印象です。


よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

ラテンアメリカ・カリブ海リージョン発行のVisa Infiniteにはカード発行元を問わず、Visa自体が以下の付帯保険を提供しています。

◎海外旅行/死亡・後遺障害保険(最大150万ドル) cf.)Signatureは100万ドル、Platinumは50万ドル限度
◎海外旅行/緊急治療費用(10万ドル上限、出発日から60日以内) cf.)Signatureは10万ドル、Platinumは5万ドル限度
◎海外旅行/救援者費用(10万ドル上限、出発日から60日以内) cf.)Signature/Platinumも10万ドル限度
◎買物保険(年間2万ドル限度。購入日から45日間) cf.)Signature/Platinumは年間1万ドル限度
◎国内旅行/死亡・後遺障害保険(最大5万ドル。自宅から150km以上離れた目的地かつ60日以内)

◎航空機寄託手荷物遅延費用(600ドル上限) cf.)Signatureは500ドル上限/Platinumは付帯なし
◎公共交通機関寄託手荷物紛失費用(3,000ドル上限) cf.)Signatureは1,000ドル上限/Platinumは付帯なし
◎航空機遅延費用・乗継遅延費用(300ドル上限) cf.)Signature/Platinumは付帯なし
旅行キャンセル費用(3,000ドル上限) cf.)Signature/Platinumは付帯なし

◎レンタカー保険
購入品2倍延長保証(年間25,000ドル限度、最大12か月) cf.)Signature/Platinumは年間1万ドル限度
価格保証(年間4,000ドル上限。購入後30日以内に、同一商品が安く売られていた場合、差額を還元) cf.)Signature/Platinumは年間2,000ドル上限

これらに加えて、カード発行元が独自にさらに高額補償の保険や別途の保険を提供している場合があります。

日本発行のプラチナカードと比べて、ステイタスはもちろん、付帯保険の内容においても全般的に優れている印象です。

とくに、海外旅行/死亡・後遺障害費用保険は150万ドルというのは日本のプラチナカードの基準(最高1億円補償)を凌駕しています。
また、購入品2倍延長保証や価格保証といった保険は、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを除き、日本発行のプラチナカードには付帯していないと思います。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

ブラジルでは、VISAの最上位カードはVisa Infinite、MasterCardの最上位カードはMasterCard Blackです。
これらの2券種は、Banco do BrasilやBradesco、Itaúなどブラジルの主要な銀行から発行されています。

入会基準は発行元銀行の公式サイトに公表されており、どの銀行でも一律、月収2万レアルとされています。

ブラジルでは、経済が好調にみえていた2013年初頭までは、ブラジルレアルの価値は1ドル=2レアル程度で推移していました。ところが、2013年に入り、経済低迷が明白になりはじめると、若干価値を落とし、2014年前半までは1ドル=2.2~2.3レアルで推移していまた。
ところが、2014年9月以降は、国有石油会社に関連する巨額の政治腐敗が取り沙汰されると、経済不況に拍車がかかりました。さらにはルセフ大統領罷免にまで至った政治腐敗も重なり、2015後半にブラジルレアルは暴落、一時期は1ドル=4ドル以下にまで価値を下げました。ルセフ大統領の罷免時期からレアルは持ち直しはじめ、現在はオリンピックの影響もあって、この8月は1ドル=3.2レアル程度で推移しています。

2016年8月の為替レートでは、月収2万レアル=6,250ドルです。
しかし、ブラジル人にしてみれは、月収2万レアル=1万ドル相当に感じると思います。
ちなみに、2016年のブラジルの最低賃金は月収880レアルで、ブルーカラーの労働者ではこの最低賃金で働いている人がかなり多いです。特殊技能をもたない労働者の大半は最低賃金880レアルで働いていると思います。
月収2万レアルは、最低賃金の22倍強に当たりますから、ブラジルでは相当の富裕層でなければ、この基準はクリアできません。

なお、ブラジルにおけるVISA INFINITEとMasterCard Blackの下位カードはプラチナカードで、その発行基準は、月収6,000レアルです。そんなに取得難易度は高くありません。せいぜい、日本で発行されている普及型のプラチナカード(セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)と同様だと思います。

ステイタスやプレミアム感でいえば、国際的な基準からみて日本のプラチナカードはかなりハイレベルです。
ゴールドカード・プラチナカードのステイタス徹底解説はこちら≫

特典をみても、コンシェルジュサービスはもちろん、プレミアムサービスが多彩です。
なによりもプライオリティ・パスがついているのがすごいです。
日本のプラチナカードはコストパフォーマンスもステイタスも高く、大変魅力的だと思います。
日本のプラチナカード徹底解説!はこちら≫

北米でもそうですが、おそらく世界的にみて、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード以外のプラチナカードでプライオリティ・パスがついていることは非常に稀だと思います。

ブラジルでは、プラチナカードには、特段のステイタス性は感じません。最低月収6,000レアル(2,000ドル弱)という基準はブラジル最低賃金の7倍弱ですが、日本人の収入基準で言えば、まったく庶民的なレベルにとどまりますので。

とはいえ、Visa/MasterCardインターナショナルが提供するプラチナカード会員向けのコンシェルジュサービスやVisa Luxury Hotel CollectionやMasterCard提携ホテルでのルームアップグレードなどの優待サービスも利用することができます。
それでも、ステイタス性はあまり感じません。もちろんプライオリティ・パスもついてきません。
それでいて、Bradesco Visa Platinumの年会費は420レアル(131ドル相当、ブラジル人には200ドル相当に感じるはず)もします。

ブラジルのプラチナカードはステイタス性もコストパフォーマンスは低い!

これが率直な感想です。


よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

2016年4月度の人気クレジットカードランキング第一位は「ビュー・スイカ」カードでした。同カードの一位達成は、2015年10月度以来、2度目となります。
「ビュー・スイカ」カードは、JR東日本のきっぷ・定期券の購入およびSuicaチャージ利用分はポイント1.5%還元!JR東日本沿線にお住いの方に大変おすすめです。



2位には、ビックカメラSuicaカードが入りました。このカードも「ビュー・スイカ」カードと同じく、JR東日本のきっぷ・定期券の購入およびSuicaチャージ利用分はポイント1.5%還元となります。さらに、ビックカメラではビックポイントが11.5%還元となります。その他の店舗では、ビックポイント1%還元となります。年会費も無料ですし、JR東日本とビックカメラを利用される方にはイチオシです。



3位には、3月度に続いてデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをが入りました。
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、年会費26,000円かつ初年度年会費割引もない、高額カードですが、入会するだけで、デルタ航空スカイマイルのゴールドメダリオン会員資格がゲットできる夢のような特典がついています。さらに、2016年10月31日までは、新規入会後の利用に応じて、最大56,000マイル相当ポイントがもらえる大型入会キャンペーンを実施することで多くの入会者を獲得し続けています。



2016年4月度の人気クレジットカードTOP50
クレジットカード比較の達人ゴールドカード比較の達人での申込統計に基づくランキングです。

1位(2←2) 「ビュー・スイカ」カード
2位(4←3) ビックカメラSuicaカード
3位(3←7) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
4位(19←18) セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
5位(12←8) アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
6位(10←5) 三井住友VISAゴールドカード
7位(7←6) JCBゴールド
8位(1←1) 楽天プレミアムカード
9位(5←9) ANA VISA Suicaカード
10位(6←4) JALカード
11位(8←10) 三井住友プライムゴールドカード
12位(9←14) アメリカン・エキスプレス・カード
13位(14←15) セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
14位(16←16) 楽天カード
15位(15←11) MUFGカードゴールド
16位(13←13) ダイナースクラブカード
17位(20←24) TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
18位(11←12) ANAアメリカン・エキスプレス・カード
19位(22←34) MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
20位(23←17) MileagePlusセゾンカード
21位(17←21) ANA VISA/マスターカード
22位(24←42) ビューカードルミネ
23位(27←23) オリコiB(iD×QUICPay)
24位(38←32) JCB一般カード
25位(18←19) エポスカード
26位(21←25) JCB EIT
26位(28←27) Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
28位(29←33) ライフカード
29位(33←30) 三井住友クラシックカードA
30位(44←-) イオンJMBカード
31位(26←26) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
32位(25←38) Yahoo! JAPANカード
33位(36←29) アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
34位(30←30) Jaccsハマカード
35位(-←-) デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード
36位(40←31) ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
37位(51←40) 新生アプラスゴールドカード
38位(52←-) ANAダイナースカード
38位(-←-) アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
40位(43←-) JCBゴールド法人カード
41位(-←-) JCBプラチナ法人カード
41位(-←-) セブンカードプラス
43位(48←-) イオンカード
44位(30←38) MileagePlusセゾンゴールドカード
44位(35←22) セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
46位(39←28) オリコExecutive Gold Biz iD×QUICPay
47位(44←-) Orico Card THE POINT
48位(-←-) セゾンJMBローソンPontaカード
48位(-←-) 三井住友VISAプラチナカード
50位(-←-) Orico Visa payWave
50位(33←-) CLUB-Aカード
52位(41←45) 小田急OPクレジットカード
53位(-←-) dカードGold

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

クレジットカード比較の達人/ゴールドカード比較の達人での2016年3月度の人気クレジットカード第一位は、2月度に続き楽天プレミアムカードでした。

1位(1←3) 楽天プレミアムカード
2位(2←2) 「ビュー・スイカ」カード
3位(7←10) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
4位(3←1) ビックカメラSuicaカード
5位(9←6) ANA VISA Suicaカード
6位(4←15) JALカード
7位(6←16) JCBゴールド
8位(10←13) 三井住友プライムゴールドカード
9位(14←18) アメリカン・エキスプレス・カード
10位(5←9) 三井住友VISAゴールドカード
11位(12←17) ANAアメリカン・エキスプレス・カード
12位(8←4) アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
13位(13←11) ダイナースクラブカード
14位(15←12) セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
15位(11←8) MUFGカードゴールド
16位(16←7) 楽天カード
17位(21←20) ANA VISA/マスターカード
18位(19←22) エポスカード
19位(18←5) セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
20位(24←23) TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
21位(25←37) JCB EIT
22位(34←29) MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
23位(17←19) MileagePlusセゾンカード
24位(42←31) ビューカードルミネ
25位(38←26) Yahoo! JAPANカード
26位(26←34) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
27位(23←21) オリコiB(iD×QUICPay)
28位(27←47) Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
29位(33←33) ライフカード
30位(30←38) Jaccsハマカード
30位(38←-) MileagePlusセゾンゴールドカード
32位(36←30) 三井住友デビュープラスカード
33位(30←27) 三井住友クラシックカードA
33位(-←-) CLUB-Aカード
35位(22←14) セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
36位(29←42) アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
36位(-←-) デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード
38位(32←25) JCB一般カード
39位(28←35) オリコExecutive Gold BiziD×QUICPay
40位(31←24) ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
41位(45←-) 小田急OPクレジットカード
42位(42←-) ニコスVIASO(ビアソ)
43位(-←-) JCBゴールド法人カード
44位(-←32) イオンJMBカード
44位(-←28) Orico Card THE POINT
46位(37←-) セゾンカードインターナショナル
46位(-←38) セディナJiyu! da!
48位(-←-) イオンカード
49位(35←-) To Me CARD Prime Nicos
49位(-←51) 三井住友アミティエカード
51位(40←44) 新生アプラスゴールドカード
52位(-←43) ANAダイナースカード

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

クレジットカード比較の達人/ゴールドカード比較の達人での入会申込統計に基づく2016年2月度の人気クレジットカードランキングです。

1位(3←1) 楽天プレミアムカード
2位(2←4) 「ビュー・スイカ」カード
3位(1←2) ビックカメラSuicaカード
4位(15←18) JALカード
5位(9←5) 三井住友VISAゴールドカード
6位(16←12) JCBゴールド
7位(10←6) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
8位(4←8) アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
9位(6←11) ANA VISA Suicaカード
10位(13←9) 三井住友プライムゴールドカード
11位(8←10) MUFGカードゴールド
12位(17←13) ANAアメリカン・エキスプレス・カード
13位(11←14) ダイナースクラブカード
14位(18←16) アメリカン・エキスプレス・カード
15位(12←19) セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
16位(7←3) 楽天カード
17位(19←25) MileagePlusセゾンカード
18位(5←7) セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
19位(22←15) エポスカード
20位(27←17) 三井住友クラシックカードA
21位(20←21) ANA VISA/マスターカード
22位(14←20) セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
23位(21←26) オリコiB(iD×QUICPay)
24位(23←22) TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
25位(37←23) JCB EIT
26位(34←42) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
27位(47←28) Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
28位(35←31) オリコExecutive Gold BiziD×QUICPay
29位(42←-) アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
30位(38←34) Jaccsハマカード
31位(24←26) ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
32位(25←35) JCB一般カード
33位(33←24) ライフカード
34位(29←39) MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
35位(-←-) To Me CARD Prime Nicos
36位(30←-) 三井住友デビュープラスカード
37位(-←-) セゾンカードインターナショナル
38位(26←-) Yahoo! JAPANカード
38位(-←-) MileagePlusセゾンゴールドカード
40位(44←-) 新生アプラスゴールドカード
41位(41←-) MUFGゴールドプレステージ
42位(31←29) ビューカードルミネ
42位(36←36) イオンSuicaカード
42位(-←41) ニコスVIASO(ビアソ)
45位(-←-) 小田急OPクレジットカード
46位(-←-) JALアメリカン・エキスプレス・カード
46位(-←-) セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
48位(-←-) アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
49位(50←-) アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
50位(40←44) JCBプラチナ法人カード

括弧内は、1月度ならびに12月度の順位。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。