クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

2009年12月、クレディセゾンから、ユナイテッド航空「マイレージ・プラス」提携「マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカード」(年会費37,800円)が新登場しました。

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと同様、インビテーションなしで直接申し込めるようです。

マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカード
《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに比べて、
格好いいカードデザインに仕上がっています。


マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードの主な特典ですが、

 ・マイレージ・プラスのマイレージを、カード利用1,000円につき15マイル加算
 ・最大1億円補償の海外・国内旅行保険
 ・最高500万円補償のショッピング保険

のほか、

 ・Visaプラチナエアライン
 ・Visaプラチナクラブ
 ・Visaプラチナダイニング

など、VISAワールドワイドが提供するプラチナサービスを利用することもできるようです。

VISAプラチナカードの日本語公式サイトにも、「日本におけるVISAプラチナカード発行会社」として、2009年12月現在、クレディセゾンの名が入っています。
#2009年11月の時点では、まだクレディセゾンの名はありませんでした。

ただし、コンシェルジュサービスを提供するVisaプラチナ・カスタマーセンター(VPCC)については、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードの公式サイトには、提供サービスとして挙げられていないので、おそらくサービス対象外なのだと思います。

かといって、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが提供しているようなクレディセゾンの自前のコンシェルジュサービスについての記載もありません。

これは、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードには、まったくコンシェルジュサービスは提供されないということなのでしょうか?

あと、空港ラウンジサービスについても、《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで提供している《セゾン》空港ラウンジサービスのみが記載されており、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでは提供されているプライオリティ・パスへの無料入会特典もないようです。

プライオリティ・パスへの無料入会特典は、プラチナカードだから必ずついているというものでもないのですが、ユナイテッド航空マイレージ・プラス提携のプラチナカードなのですから、デルタ・スカイマイル・シティVISAプラチナカードが、デルタ航空運営のスカイラウンジを年4回まで使えるという特典を提供しているように、ユナイテッド航空空港ラウンジ「レッドカーペットクラブ」を年4回まで使えるという特典だけでもついていると魅力がかなりアップすると思うのですが、どうなのでしょう?

2009年12月7日の時点では、まだ、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカード専用のサイトが開設されていないため、同カードの詳細サービスを知ることはできませんが、プラチナカードでありながらも、コンシェルジュサービスとプライオリティ・パスがないというのであれば、正直なところ、やはり魅力に欠けると感じざるを得ないですね。


マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードのライバル

ライバルカードとしては、同一年会費37,800円を設定している「マイレージ・プラス・ダイナースクラブファースト」(2009年2月誕生)があげられます。

マイレージ・プラス・ダイナースクラブファースト

マイレージ・プラス・ダイナースクラブファーストの特典はというと、

国内利用100円=1.5マイルでは、まったく同一のマイル獲得率ですが、海外利用では100円につき2マイル!も貯まります。

あと、空港ラウンジサービスも、プライオリティ・パスこそついてはいませんが、ダイナースクラブカード会員として、国内27空港35カ所および海外74空港100ヶ所以上の空港ラウンジ(2009年11月現在)を利用することができますから、この点でも、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードを上回っています。

レストラン優待については、ダイナースクラブはもともとプラチナレベルのサービスを提供しているうえ、オプショナルの「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング」(半年会費5,250円)に登録すれば、提携高級レストランで所定のコースメニューを2名以上で予約した場合に、1名分が無料になるため、VISAプラチナダイニングよりも魅力的であるとすらいえます。
ダイナースクラブの特典徹底解説はこちら≫

「ダイナースクラブ」は準プラチナクラスのステータス、一方、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードは、プラチナながらもクレディセゾンという流通系ブランドであることから、国内利用におけるステータス性は、マイレージ・プラス・ダイナースクラブファーストの方が明らかに上でしょう。

ただし、海外に出た場合は、ステータス性は、ほぼ互角と考えていいかもしれません。
ゴールドカードのステータス検証≫

以上、2009年12月8日現在の情報では、マイレージ・プラス・ダイナースクラブファーストの方が、ステータスもコストパフォーマンスでも、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードを上回るといえそうです。

ただし、今後、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカードのサービス詳細が明らかになり、たとえば、コンシェルジュサービスを備えているということであれば、

コンシェルジュサービスを重視するなら、マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカード
重視しないなら、マイレージ・プラス・ダイナースクラブファースト

といった選択肢になるのではないかと思います。
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

ユナイテッド航空のパッケージツアー「ユナイテッド・バケーション」が史上最大!?のご紹介&ダブルマイルキャンペーンを実施中です。

以下、公式サイトから、

「アメリカ・ハワイへのエア&ホテルのシンプルなパッケージを24時間オンラインでご予約いただける上に、ご利用の方にはマイレージプラスのボーナスマイルを最大3,000マイルご提供しておりますが、さらなるボーナスマイルキャンペーンのお知らせです。

ユナイテッドバケーションにお客様をご紹介頂くと、ご紹介者様には10,000マイルのボーナスマイル!
さらに、ご旅行をされたお客様には通常のボーナスマイル(最大3,000マイル)を2倍にしてご提供いたします!」

すごいですね。なおキャンペーン対象は、「2007年12月31日までにご帰国の旅程で、ユナイテッドバケーションでツアーを ご購入されるお客様をご紹介いただいた方」とのことです。

詳しくは紹介ボーナスマイルキャンペーン実施中!ユナイテッドバケーションをチェック!


よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。