クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

いつでも、全般的に常にポイント還元率が高いカードといえば、オリコカードUPtyオリヒメカードライフカードP-oneカードなどが上げられますが、特定分野においては、それぞれ最強カードといえるカードが存在します。その代表的なカードが、UFJ K-Powerカードです。

UFJ K-Powerカード
ケータイ・PHS料金を最大50%キャッシュバック!
K-Powerカードは、ケータイ・PHSユーザー向けの最強カード
年会費1,575円(初年度無料、学生の方は在学中無料)

K-Powerカードのキャッシュバックシステム
K-Powerカードのキャッシュバック額は、(キャッシング・年会費を除く)カード利用1,000円につき1P(リボ払い・分割払いは2P)加算されるショッピングポイントの月間総計に応じて決まる、その月のキャッシュバック率(0%~最大50%)に左右されます。

例)カードショッピング利用がすべて1回払いの場合、
月間カード利用額:
 3万円未満→0~29ショッピングポイント→キャッシュバック率ゼロ
 3万円以上5万円未満→30~49P→キャッシュバック率10%
 5万円以上10万円未満→50~99P→キャッシュバック率15%
 10万円以上15万円未満→100~149P→キャッシュバック率20%
 15万円以上20万円未満→150~199P→キャッシュバック率30%
 20万円以上25万円未満→200~249P→キャッシュバック率40%
 25万円以上→250P~→キャッシュバック率50%

このキャッシュバック率が、K-Powerカード決済に指定してあるケータイ・PHS料金の月間料金(複数台の場合はその総額)に適用されます。但し、キャッシュバック対象となる通話料金は1万円が上限です。

例えば、キャッシュバック率が20%の場合、
その月のK-Powerカード決済のケータイ・PHS月間料金が
 5,000円の場合→→1,000円がキャッシュバック
 10,000円の場合→→2,000円
 11,000円の場合→→2,000円 ※キャッシュバック対象の通話料金の上限が1万円なので、キャッシュバック率が20%の場合、その月のキャッシュバックは2,000円が最大となります。

他の通話料金キャッシュバックカードとの還元率のシミュレーション比較はこちらにアップしてありますが、K-Powerカードの還元率は普通に利用していても最高3.33%になり、他カードをはるかに上回ります。

K-Powerカードの実力、最高6,67%キャッシュバック!
さて、これだけを見ると、月間カード利用額が3万円未満の場合はキャッシュバック率ゼロというリスクを伴うように見えます。ところが、K-Powerカードの真の実力は、UFJカードのおトクな自由払い型サービス「楽Pay」に登録してこそ発揮されるのです。

「楽Pay」に登録すると、月間支払額を5,000円以上から5,000円単位で上限10万円まで自由に設定できます。そして、月間ショッピング利用総額が設定額を超えた場合にのみ、その超過分にはリボ払い手数料15%がかかりますが、カード利用から最初の引き落とし日に全額引き落としされるように支払額を設定しておくと、リボ払い手数料は一切かかりません。

つまり、1回払いと同じなのですが、それでもカード会社側ではリボ払い扱いでカウントされます。つまり、1回払いでありながら、リボ払いと同様にポイント2倍もらえるわけです。ちなみに、「楽Pay」に登録して、ポイント2倍もらえるUFJカードはK-PowerカードとVIASOカードしかありません。つまり、この二つのカードはUFJカードの中でも最もおトク度の高いカードです。

なお、「楽Pay」登録期間中にUFJカード購入した商品には、年間100万円上限まで購入日から90日間補償のショッピング保険が自動付帯されるという特典もあります。

さて、「楽Pay」登録した場合のK-Powerカードのキャッシュバック率ですが、
K-Powerカードの月間カード利用額:
 1.5万円未満→0~29ショッピングポイント→キャッシュバック率ゼロ
 1.5万円以上2.5万円未満→30~49P→10%
 2.5万円以上5万円未満→50~99P→15%
 5万円以上7.5万円未満→100~149P→20%
 7.5万円以上10万円未満→150~199P→30%
 10万円以上1.25万円未満→200~249P→40%
 12.5万円以上→250P~→50%
という風になります。

つまり、通話料金を含む月間カード利用料金が1万5千円以上ならば、キャッシュバックを0円の憂き目に会うことはありません。さらに、K-Powerカードの還元率(カード利用総額に対するキャッシュバック額)は、じつは、月間カード利用総計が1万5千円ちょうどの時に最高をマークします。

たとえば、月間カード利用総計1万5千円~2万5千円未満、
そのうち、ケータイ通話料金が
 月5,000円の場合:キャッシュバック500円→還元率2%~3.33%
 月7,500円の場合:キャッシュバック750円→還元率3.0~5.0%
 月10,000円の場合:キャッシュバック1,000円→還元率4.0~6.67%
となります。

K-Powerカードは、最高2000万円補償の海外旅行保険やオンライン取引の不正利用を補償するネットセーフティサービス、カード紛失・盗難補償なども備えています。K-Powerカードの還元率シミュレーションとカードスペック詳細はこちら>>

結論ですが、K-Powerカードは、ケータイ・PHS通話料金が5,000円超の方なら、十分おトクです。とくに、通話料金月間1万円以上の方にとっては、カード利用月間総計が1万5千円さえ超えていれば、還元率はほとんどのケースで3%を下回ることはありません。すなわち、K-PowerカードはオリコカードUPtyやP-oneカードを凌駕するほどに、最強におトクなカードになります。

なお、ケータイ・PHS料金月額が5,000円に満たないという方は、家族カードをつくって、家族名義のケータイ・PHS料金もK-Powerカード決済にまとめてしまうというテもあります。

スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。