クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

2010年3月9日付で、ソニーファイナンスが、ソニーグループのオフィシャルカード「Sony Card(ソニーカード)」のサービス内容の大幅リニューアル、ならびに、現行ソニーカード(マイソニーカード、一般カード、ゴールドカード)のサービスを2010年6月30日をもって終了し、新ソニーカードへ切替発行することを発表しました。

ソニーカード(新デザイン)

新ソニーカードのオンライン入会の受付は、2010年5月予定となっています。
ただし、差額保証など5つの保証がうれしいソニースタイル(ソニー製品ダイレクト通販サイト)からの購入同時申込(ソニースタイルでの商品購入とともにソニーカードを申込む)では、新ソニーカード入会受付が先行開始されています。

ソニーファイナンスは、2009年8月31日よりソニーカードの新規申込の受付を一時停止してきました。
長期間にわたって、ソニーカード事業の見直しをすすめてきたことになりますが、結果として、要らないものは捨てる、大胆なリニューアルとなりました。

新ソニーカードの主なサービス変更点は、

 1.eLIO機能の排除 
 2.カード年会費の実質的値上げ
 3.ポイント制度の大幅変更(ANAマイル移行制度も廃止)
 4.国内旅行傷害保険を新たに付帯
 5.ゴールドカード廃止
 6.ソニースタイルの会員優待特典がグレードアップ

といったところです。

全体的には、サービス改悪という印象は否めませんが、ソニースタイルやSo-netなどソニーグループ利用での3~10%OFF特典や、ソニー製品の購入に際して、メーカー保証がカバーしない破損・水漏れ・火災・落雷による故障も購入日から1年間、最高50万円まで補償(免責3,000 円)するソニープロダクツセキュリティなど、ソニーグループでのお得な特典は健在です。

とくに、2010年3月25日から会員優待サービスプログラムがグレードアップしたソニースタイルとのタッグを組むソニーファン向け最強カードであることには変わりありません。

Sony Style(ソニースタイル)



1.まず、ソニーの自社開発のネットショッピング専用のクレジット決済サービス「eLIO(エリオ)」機能ですが、旧ソニーカードでは、ソニーカードの目玉特典であるソニースタイルでの買物3%OFFの適用をeLIO決済の場合に限るなど、これまで、ソニーはeLIOの普及に注力してきました。

それが、ここにきて、自社グループの公式カード「ソニーカード」からeLIO機能をはずすということですから、eLIOの普及拡大への投資を見合わせるということなのでしょうか。

ネット上でクレジットカード番号を入力せずに、ネットショッピングができるeLIO決済のメリットは、ネットセキュリティに対する一般認識が高まるほど、評価されるようになるとは思いますが、消費者側に、FeliCaポート搭載PCまたはFeliCaポート/パソリの入手を要求するのは、現時点では、まだハードルが高かったということなのでしょう。

2.旧カードの年会費は2,100円と設定されていたものの、初年度無料かつ翌年度以降も前年度にカード利用があれば無料とされていました。つまり、実質上無料だったわけです。ところが、今回リニューアルされた新ソニーカードは、年会費1,312円(初年度無料)とは設定されていますが、翌年度以降の年会費が無料になる制度はないようですから、ソニーカードの年会費は実質上の値上げといえます。

3.ポイント制度もどちらかといえば改悪されました。
旧ソニーカードのポイントリワードでは、カード利用1,000円のポイント加算およびソニーポイント移行率は

 1,000円=1P(VISA決済)=ソニーポイント5円相当(0.5%還元)
 1,000円=2P(eLIO決済)=ソニーポイント10円相当(1.0%還元)
 1,000円=3P(ソニーグループでのeLIO決済)=ソニーポイント15円相当(1.5%還元!)

でした。ソニーカードゴールドだと、ソニーポイントへの移行率が2倍になるため、ポイント還元は、最低1.0%最高3.0%でした。※ポイント移行率は40%低下しますが、EdyやVISAギフトカード、ANAマイルへの交換も可能でした。

しかも、年間ショッピング利用額が50万円を超えるとさらに、ボーナスポイントまで加算されました。

ソニーカードは、ソニー系列店もしくはeLIO加盟店で使い、ソニーポイントに移行することで、驚きのポイント還元が提供されていたわけです。

このポイントリワードが、今回残念ながら見直されてしまい、ソニー系列店でのポイント3倍加算もボーナスポイント制度もなくなりました。

新ソニーカードのポイント制度「ショッピングポイントコース」は、通常は0.5%還元(0.5倍コース)ですが、カード年会費とは別途に年間手数料を支払うと、還元率がそれぞれ0.75%、1.0%、1.25%になる「1.5倍コース」(年間手数料787円)、「2.0倍コース」(年間1,837円)、「2.5倍コース」(4,987円)が用意されています。

ソニーグループでの利用を含め年間42万円以上カードを利用する方であれば、ポイント還元率が1.0%になる「2.0倍コース」がお勧めです。

4.今回新たに、ソニーカードで利用付帯となる国内旅行障害保険は、死亡・後遺障害保険が最高1,000万円だけでなく、入院日額3,000円ならびに通院日額2,000円の補償がついた充実内容となっています。

年会費2,000円未満の一般クラスで、入通院補償の国内旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードは、ごく少数であり、国内旅行保険に関しては、ソニーカードの新たな魅力になったといえます。なお、ソニーカードには、カードをもっているだけで自動付帯される海外旅行障害保険もついていますので、ソニーカードは、国内外を問わず旅行の多い方にもオススメです。

5.新ソニーカードには、ゴールドカードは用意されていませんので、旧ソニーカードゴールド所有者の方も、新ソニーカードへの切り替えでは、年会費1,312円の一般カードへの切り替えとなります。

ソニーカード・ゴールド(年会費12,600円)は、三井住友VISAゴールドカード(年会費10,500円)に準ずるゴールドカードとしての特典に加えて、上述のように、ソニーグループでの強力なポイント優遇特典やソニープロダクトセキュリティワイドなどのソニーの上得意様向けの特典で卓越していました。

特典が豪華すぎて採算が合わなかったのか、年会費12,600円だすなら、アメリカン・エキスプレス・カードシティゴールドカード、三井住友VISAゴールドカードなど、ステータス性のあるカードを使いたいという消費者心理にマッチしなかったのかは分かりませんが、ソニーカードゴールドの廃止は、一部のソニーファンにとって残念なニュースとなってしまいました。

6.ソニースタイルの会員優待サービス「スタイルメンバープログラム」でもらえるソニースタイルクーポンが大幅にグレードアップしました。優良会員向けに発行されることになった「VAIO5%OFFクーポン」とソニーカードを併用すると、ソニースタイルでのVAIO購入が8%OFFになります。

新ソニーカード徹底検証はこちら>>

Sony Card(ソニーファイナンス)





関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/132-57c71601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。