クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

2010年6月9日付けで、クレディセゾンは、アメリカン・エキスプレスとの提携強化を発表し、

既存のセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードをリニューアルし、アメリカン・エキスプレスの象徴であるセンチュリオン(古代ローマの百人隊長)のイメージを使用した新デザインのセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード4種を、2010年7月1日より募集開始することをリリースしました。
4つのラインアップは次のとおり:

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費21,000円/招待制)
セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費10,500円)
セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費3,150円)
セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費1,050円/初年度無料。翌年度以降条件付き無料)

なお、新カードでは、他のカードにはない機能である“同じカード番号でのランクアップコンバージョン”が可能です。ETCカードや公共料金の決済に利用している場合でも、ランクアップの際のカード番号の変更手続きが不要なので便利です。

※個人事業者・専門職の方のためのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費21,000円/年会費優遇制度あり)については、デザインのリニューアルはなく、新規入会受付も現行のまま(インビテーション不要)となります。


1.セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面新カードは、アメリカン・エキスプレスが自社発行しているリボ払い専用カード「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・クレジット」に準ずるデザインを採用。

さらに、インビテーション・オンリーとすることで、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧デザイン)に比べて、ステイタスは大きく向上します。

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、ブラック基調の高級感あふれるデザインと《セゾン》プラチナ・アメックスと同等レベルのサービスをもって誕生したMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(2010年4月26日発行開始)に攻勢をかけられていましたが、今回の新デザイン採用にくわえ、

 ・手荷物無料宅配サービス(海外旅行での往路・復路でのサービス)
 ・プレミアムゴルフサービス(オプション/年会費10,500円)
 ・プレミアムホテルプリビレッジ:高級ホテルの優待サービス
 ・特定加盟店ポイント優遇

という、さらなるプレミアムサービスを追加することで、競合カードに対する優位性をアピールしています。

なお、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの自主申し込みによる新規入会募集は2010年6月30日をもって終了し、7月1日以降は、インビテーション(招待状)を受けた会員からのみ入会(ランクアップ)を受け付けます。

ということで、ステイタスの大幅アップとサービス向上が約束されているセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードへの新規入会は、

2010年6月30日までがそのラストチャンス

ということになります。

ちなみに、2010年6月30日までに発行された《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、その有効期限が切れるまでは、現行デザインのカードをそのまま利用していくことになるそうです。もちろん、7月1日より開始される新サービスは、現行デザインのカードも利用対象です。

こう聞くと、せっかくの新デザインカードの発行開始とインビテーションを気長に待つか、それとも確実に入会できる最後のチャンスを逃すべきでないか、と悩む方もいらっしゃるだろうと思います。

しかしながら、新規入会募集をしている6月30日までに、ひとまず、現行デザインの《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに入会しておき、数ヶ月も経た後、「カードの傷が気になるから交換してほしい」といってカードデスクに交換を要望した場合は、おそらく新デザインでの再発行になるでしょうね。

≫セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード徹底解説!はこちら

↓個人経営者・専門職の方ならインビテーションなしで入会できます!↓



2.セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード券面
新カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.が海外で広く自社発行している「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・クレジット・カード」(リボ払い専用クレジットカード)と同一デザイン。

今回のリニューアルで、セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードには、

 ・プライオリティ・パス(プレステージ会員・通常年会費399ドル)への登録費用優遇
 ・手荷物無料宅配サービス(海外旅行からの帰国時のみ)
 ・特定加盟店ポイント優遇

の新サービスが追加され、その「最強ゴールド」ぶりがますます強化されます。

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードへの入会がインビテーションによるランクアップのみとなる7月1日以降は、セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード入会への道を最短にするカードとしての重要性も帯びることになります。

なお、ステイタスについては、そもそも「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・クレジット・カード」の国際的な入会基準は、「アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード」よりも低く、一般的な銀行系ゴールドカードと同等レベルしかありませんので、セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(新デザイン)のステイタスも他の銀行系ゴールドカードと同一レベルにとどまります。
≫ゴールド・プラチナカードのステイタス徹底検証はこちら

≫セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード徹底解説!はこちら

↓7月1日~7月14日は商品リニューアルにつき入会受付処理が一時停止となります↓



3.セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード券面セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、現行の《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードからのマイナーチェンジ。

デザインは従来どおり、アメリカン・エキスプレスのリボ払い専用カード「アメリカン・エキスプレス・ブルー・カード」と同一券面となっています。

それでも、新サービスとして、

 ・手荷物無料宅配サービス(海外旅行からの帰国時のみ)
 ・特定加盟店ポイント優遇

をプラスすることで、2010年4月26日に誕生した強力なライバルカード「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」(年会費2,000円/初年度無料)に対する競争力を高めることになります。

≫セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード徹底解説!はこちら



4.セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、旧《セゾン》カードインターナショナル アメリカン・エキスプレス・カードからのマイナーチェンジ。

カードデザインがセンチュリオンデザインになり、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのエントリーモデルという位置づけになりました。

≪サービス変更点≫
・オンライン・プロテクションが付帯
・年会費1,050円(実質無料)に改定:初年度無料。次年度以降も前年に1回以上のカード利用があれば無料

≫セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード詳細解説はこちら

関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/143-d05ba3b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。