クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

オリココーポレーションは、は2011年7月1日、

2011年11月30日をもって、同社が発行するクレジットカードに付帯する補償制度の一部サービスを終了することを発表しました。

このサービス改悪の対象カードであるオリコカードUPtyシリーズならびにiD Ultimateは、今後、その人気を下げることは間違いないでしょう。

以下、リリース内容:

「平成23年11月30日をもちましてクレジットカードに付帯する保障制度を、以下の通り終了させていただきます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

■終了する保険・保障
<年会費有料カード>シートベルト傷害保険
<年会費無料カード>海外旅行傷害保障/国内旅行傷害保障/シートベルト傷害保障」

(同社公式サイトのリリースページはこちら


さて、終了する補償制度のうち、マイナーなシートベルト傷害保険はいいとして、
年会費無料カードに付帯する海外旅行傷害保障/国内旅行傷害保障まで終了してしまうのは驚きです。

とくに、オリコカードの海外旅行保険は、最高2,000万円補償の死亡・後遺障害保険のみならず、利用頻度がもっとも高いとされる障害・疾病治療費用を最高200万円補償としていることから、一般クラスでは最高レベルの高額補償(※)でありました。
※最高3,000万円補償の海外旅行保険が付帯するセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費3,150円)は別格

これまで、オリコカードが発行する年会費無料カード(UPtyシリーズやオリコiD Ultimateなど)は、
1.「ポイント高還元率の年会費無料カード」のジャンルで業界最高レベルのポイント制度(最高1.25%還元)をアピールしているうえ、

2.「海外旅行保険付き年会費無料カード」のジャンルでも、最高レベルの補償を提供する海外旅行保険を付帯するカードとして知られてきました。

この二つの特典の相乗効果をもって、オリコの年会費無料カード、とくにオリコカードUPtyシリーズは、長年にわたって、つねにトップクラスの人気を保持してきたのです。

今回のオリコカードUPtyならびにiD Ultimateなどを対象とするサービス改悪が、年会費無料カードの人気ランキングに大きく影響を与えることは必至です。

とくに、年会費無料&ポイント高還元&海外旅行保険付きの3拍子がそろったJCB EIT、楽天カードJCB一般カード(条件付無料)、JCB CARD EXTAGE三井住友VISAクラシックカードA(マイ・ペイすリボ)三井住友VISAアミティエカード(マイ・ペイすリボ)は、いずれも今後、会員数を上乗せしてくることでしょう。

年会費無料の人気カード一覧比較はこちら≫


なお、オリコカードの業界最高レベルのポイント制度は現状どおり維持されますから、オリコカードUPty iDやiD Ultimateの魅力が全くなくなるというわけではありません。

たとえば、ライフカード(年会費無料)は、海外旅行保険やショッピング保険はなくても、ポイント高還元を前面に打ち出して、人気カードとしての地位を確立しています。

今後、オリコカードが付帯保険カットで生じる余剰金を、ポイント制度のさらなる向上や新サービス開発などに還元するのであれば、オリコカードUPty iDやiD Ultimateは、これからもポイント還元でお得な年会費無料カードとしての人気をキープしていくことは十分考えられます。
関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/172-ef010821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。