クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

2012年1月10日より、シティ リワードカード空港ラウンジサービスが追加され、国内27空港37カ所の空港ラウンジを無料利用できるようになりました。

シティ リワードカードは、年会費3,150円で、MasterCardがプレミアムカード会員限定に提供する「MasterCard Taste of Premium」を利用できるうえ、ポイントプログラムは最大3倍(土日利用3倍、海外利用2倍)という驚愕のハイコストパフォーマンスが支持され、2011年7月19日発行開始以来、1,2カ月のうち、低額ゴールド・ヤングゴールドカードのカテゴリで人気No.1カードとなりました。

今回、年会費は3,150円のままで、さらに空港ラウンジサービスが追加されたことで、シティ リワードカードは、今後、クレジットカード総合ランキングにおいても、TOP5には入る人気カードとなりそうです。




なお、シティカードジャパン発行の上位カードは、国内27空港39か所のラウンジのほか、ホノルル空港ならびにソウル仁川空港の合計3ヶ所の空港ラウンジを無料利用できます。

とくに、シティ ゴールドカードシティ セレクト VISA プラチナカードは、「同行者もラウンジを無料」で利用することができます。

2012年1月現在、同行者料金まで無料となる空港ラウンジサービスを提供しているのは、アメリカン・エキスプレス・カード(年会費12,600円)ならびにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費27,300円)くらいしかなく、大変希少なサービスです。
空港ラウンジサービス解説はこちら≫

シティ ゴールドカード/シティ セレクト VISA プラチナカードの空港ラウンジサービスが同行者料金無料となったのを契機に、かつて同行者1名まで無料であったダイナースクラブカード(シティカードジャパン発行)も、ラウンジの同行者料金が無料に戻ったのではないか、と確認してみました。

しかし残念ながら、2012年1月15日現在、ダイナースクラブカードのラウンジサービスの同行者料金は有料のままでした。

ダイナースクラブカードは、発行国を問わず、世界共通の空港ラウンジサービスを提供していますから、日本発行ダイナースクラブカード会員限定で、同行者料金を無料にするというのは、やはり難しいのかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/183-0afa3d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。