FC2ブログ
クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

2012年3月16日より、シティカードジャパン株式会社は、
同社が発行するデルタ航空との提携クレジットカードである

デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード
デルタ スカイマイル シティ プラチナVISAカード
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

のスカイマイル還元率やボーナスマイル増加など、スカイマイル関連のサービスを拡張しました。

今回のサービス拡充により、これら3券種は、去る2011年11月に衝撃的デビューを飾ったデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード(クラシック/ゴールド)と十分渡り合える魅力あるスカイマイル提携カードへとグレードアップしました。

なお、「デルタ スカイマイル シティ クラシックVISAカード」会員のお客様は、「デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード」に自動的にアップグレードされます。



主なサービス拡張および新たに追加された特典

1.マイル還元率の向上
ショッピング利用100円ごとの獲得マイル数が
ゴールドカード⇒100円=1.3マイル
プラチナカードおよびダイナースクラブカード⇒100円=1.5マイル

へと向上しました。

※これらのマイル還元率は、これまで最高のマイル還元率であったMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(入会初年度および前年カード利用100万円以上の場合)の「1,000円=12マイル」を上回ります。

※競合するデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードならびにデルタ スカイマイルJCBカードのマイル還元率はいずれも「100円=1マイル」です。

2.入会ボーナスマイルの増加
ゴールドカードとダイナースクラブカードは5000マイルから6000マイルに変更。
(プラチナカードは引き続き10,000マイル。)

※競合カードの入会ボーナスマイルは、2012年4月5日現在、
デルタ スカイマイルJCBゴールドカード=3,000マイル
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード=5,000マイル
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード=8,000マイル
です。

3.ファーストフライトボーナスマイルの増加
新規入会後6ヶ月以内にデルタ航空が運航する日本発着国際線のフライトに購入航空券で往復利用した場合、
エコノミークラスで10,000マイル/ビジネスエリートで25,000マイル
のボーナスマイルを付与(入会ボーナスマイル獲得かつフライト完了が条件)。

※ボーナスマイルは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードと同一。
2012年4月5日現在、デルタ スカイマイルJCBカードは、エコノミークラスで2,000マイル/ビジネスエリートで5,000マイルです。

4.年会費の引き下げ
プラチナVISAカードの年会費が58,800円から42,000円に引き下げられました。
シティ セレクト VISA プラチナカード(年会費36,750円)に年会費5,250円を上乗せするだけで、最強レベルのスカイマイル特典を追加されています。ただし、プライオリティ・パスへの無料入会特典は対象外となっています。

5.デルタスカイクラブ利用特典の追加
ゴールドカードとダイナースクラブカード会員には、新たに、世界50か所以上のデルタ航空運営スカイクラブラウンジ利用特典(年間3回まで)を追加。
改訂前はプラチナカード会員のみ(年間6回まで)。入室の際、対象クレジットカードの提示が条件。

※2012年4月5日現在、競合カードには、デルタスカイクラブラウンジ利用特典はついていません。
ただし、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、世界490か所以上のスカイチームラウンジ(デルタスカイラウンジを含む)が同行者1名まで回数制限なく使える「ゴールドメダリオン」資格が付与されます。

6.更新時のボーナスマイル
ゴールドカードとダイナースクラブカードは3,000マイル、
プラチナカードは5,000マイルのカード更新時ボーナスを新規に追加。

※2012年4月5日現在、競合カードの更新時ボーナスマイルは、
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード=2,000マイル
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード=3,000マイル
デルタ スカイマイルJCBカード=なし

7.初年度年会費優遇
入会後3ヶ月以内に一定額(ゴールドカードは20万円、ダイナースクラブカードとプラチナカードは30万円)ご利用の場合、初年度年会費の半額を返金。

※2012年4月5日現在、
デルタ スカイマイルJCBカードは、利用条件なしで、
ゴールドカード(年会費18,900円)⇒初年度10,500円
一般カード(年会費10,500円)⇒初年度5,250円
となります。
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード(クラシック/ゴールド)には初年度年会費優遇特典はありません。




スカイマイルが貯まる最強カードは?

デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード、デルタ スカイマイル シティ プラチナVISAカード、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードには、
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードが提供している
「カードご利用ボーナスマイル」ならびに「メダリオン」会員付与特典はついていません。

そのため、どのカードが一番スカイマイルを貯めることができるのかは、カード利用時のマイル還元率だけでは判断できません。

そこで、年1回、デルタ航空でフライトした場合の、各々のカードのマイル獲得数をシミュレーションしてみました。

シミュレーションの結果、スカイマイルがたまる最強カードは、2012年4月現在、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費27,300円)です。

それに、デルタ スカイマイル シティ プラチナVISAカードデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードが続きます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、ボーナスマイル特典がないため、
デルタ スカイマイルJCBカードを除くスカイマイル提携カードには太刀打ちできないことが判明しました。

なお、入会初年度に限っては、2012年4月30日まで、最大50,000マイル相当ポイントが貯まる入会キャンペーンを実施しているダイナースクラブカードは最強です。



一挙にマイル獲得を狙うなら、大型入会キャンペーン実施期間中に、ダイナースクラブカードに入会するのが一番お勧めです。

そして、ダイナースクラブカードで、50,00マイル相当ポイントを獲得したのち、
デルタ航空を利用される方なら、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードへの入会がおすすめです。
すると、今度は、入会ボーナスマイル8,000マイル+ファーストフライトボーナスマイル最大25,000マイルを獲得の上、さらにフライトボーナス区間+100%をもらうことができます。

マイル獲得シミュレーションによるスカイマイルが貯まる最強カード徹底解説はこちら≫

関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/192-fe8c6890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。