クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

ダイナースクラブのカード年会費が2014年4月21日より値上げされます。

シティカードジャパン株式会社は、2014年6月お引き落とし以降のご利用代金明細でご案内する年会費から、本会員の年会費を改定することを発表しました。

新しくカードに入会する場合は、2014年4月21日以降ご入会分(ご利用代金明細での年会費のお引き落としが2014年6月以降)から新年会費が適用されます。

2014年3月11日現在、年会費改訂が発表されているのは以下の12券種です。

【2014年6月お引き落とし以降のご利用代金明細でご案内する年会費から改定するカード】
ダイナースクラブカード(新年会費22,000円+税)
ダイナースクラブ ビジネスカード(新年会費27,000円+税)

【2014年7月お引き落とし以降のご利用代金明細でご案内する年会費から改定するカード】
・京銀ダイナースカード(新年会費22,000円+税)
・京都中央信金ダイナースカード(新年会費22,000円+税)
ANAダイナースカード(新年会費27,000円+税)
・ANAダイナース スーパーフライヤーズカード(新年会費28,000円+税)
MileagePlus ダイナースクラブカード(新年会費28,000円+税)
MileagePlus ダイナースクラブファースト(新年会費43,000円+税)
デルタスカイマイル ダイナースクラブカード(新年会費28,000円+税)
・ニューオータニクラブ ダイナースカード(新年会費22,000円+税)
・シティバンク ダイナースクラブカード(新年会費22,000円+税)
・シティバンク ANAダイナースカード(新年会費27,000円+税)

いずれも現行年会費から7,000円の大幅値上げです。

上記のカード以外についても、2014年7月お引き落とし以降のご利用代金明細でご案内する年会費から順次改定予定とのことです。

たとえば、上記カードリストには、JALダイナースカードBMW ダイナースカードは入っていませんが、おそらく現行年会費から7,000円値上げになるのではないかと思います。

それにしても、7,000円とはずいぶん思い切った値上げです。

ダイナースクラブカード(現行年会費15,000円+税)は、国内のゴールドカードの業界標準年会費10,000円+税(三井住友VISAゴールドカードJCBゴールドなど)に比べて年会費は高額ではあるものの、

世界300空港450ヵ所以上が利用できる空港ラウンジサービス
■全国の厳選レストランで所定のコースメニューを2名様以上で予約すると1名様分が無料になる「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング

をはじめ、プラチナ級サービスを含む多彩なエグゼクティブ特典を備えています。
ステイタス的にも、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードやMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに勝るとも劣りません。

ハイステータス&エグゼクティブサービスを考慮すると、ダイナースクラブカードは、エグゼクティブ志向の方にとっては、かなりのハイコストパフォーマンスカードであることは疑いの余地がありません。

サービス面における日本発行プラチナカードとの決定的な違いは、
コンシェルジュサービスプライオリティ・パス(プレステージ会員)無料入会特典がないことです。

ただし、ダイナースクラブカードは、独自の空港ラウンジサービスが付帯していますから、プライオリティ・パスがなくてもまぁいいかな、という気はします。もっとも使えるラウンジの質が異なりますから、プライオリティ・パス入会特典があるに越したことはないのですが。

それよりも、ダイナースクラブカードに欠けているのは、空港手荷物無料サービスだと思います。

ライバルのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費26,000円+税)やアメリカン・エキスプレス・カード(年会費12,000円+税)、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費10,000円+税)をはじめ、多数のゴールドカードがすでに同サービスを提供しているなか、ダイナースクラブカードが提供していないのは、非常に見劣りがする部分です。

参考までに、ダイナースクラブカードの下位にあたるシティ ゴールドカード(年会費12,000円+税)は、2014年1月から空港手荷物無料サービス(帰国時)の提供を開始しています。

さて、今回の値上げに伴い、ダイナースクラブは新サービスを追加していくとのことです。

まず、新サービスの一つとして、空港手荷物無料サービスはいかにも追加されそうです。
しかし、それだけで年会費7,000円値上げは高すぎるので、ほかにも追加される特典があるに違いありません。

プライオリティ・パス(プレステージ会員)無料入会特典が追加されるようであれば、年会費7,000円値上げの割高感はかなり低減します。

なにしろ、ダイナースクラブカードの新年会費は22,000円+税ですから、コンシェルジュサービスとプライオリティ・パスがついているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードならびにMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(いずれも年会費20,000円+税)よりも高くなります。

これらプラチナカードよりも年会費が高くて、しかもプライオリティ・パス無料入会特典もないとなると、会員数の大幅減につながりかねません。

こう考えると、ダイナースクラブカードにプライオリティ・パス無料入会特典が付く可能性はかなり高いかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/236-b1d73631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。