FC2ブログ
クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
ドライバーにとって気になるガソリン代を値引きもしくはキャッシュバックしてくれるカードは、各種発行されていますが、ガソリン料金が月間100リッターを超えるような方には、ガソリン代を一律1-2円引き/LにしてくれるENEOSカードや、出光まいどプラスシナジーJCBカードなどより、月間の給油料金+ショッピング利用総額が大きくなればなるほど、キャッシュバック額が大きくなるタイプのガソリンカードがオススメです。

このタイプのカードとしては、JCBドライバーズプラス出光カード(ねび~きコース)シェルスターレックスカードCFカードROUTE2000などがあります。

これらの3つのカードで、もっともバランスのとれたドライバー仕様のキャッシュバックシステムを採用しているのは、JCBドライバーズプラスです。

JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスには、
 ☆系列に関係なく全国どこのガソリンスタンドでの給油料金・洗車料金もキャッシュバック対象
であるうえ、
 ☆全国の高速道路・有料道路料金もキャッシュバックの対象。
という特長があります。

具体的には、給油料金と高速料金を合算して月間2万円以上であれば、カードショッピング総額比で最高還元率2%をねらえます。
たとえば、洗車代や高速料金などで5,000円以上費やすならば、月間給油量100L(料金15,000円)しかなくても、最高還元率2%をねらうことができるわけです。

このように、JCBドライバーズプラスは、月間100L以上も給油するドライバーなら、高速道路の利用機会も多いはず、というドライバーの視点に立ったキャッシュバックシステムを構築していると評価することができます。

一方、お得意様を確保するという目的をもつ出光カードおよびシェルスターレックスカードの場合、それぞれの系列SSで月間給油が300L以上になるという方には、前者は最高還元率3%、後者は最高還元率2.5%をマークしてくれるので、おトクです。

とはいっても、一つの系列SSだけで、月間給油300L(1リッター150円なら45,000円)以上を使う方は、
個人タクシー運転手といった一部の業種の方に限られてくるのではないかと思います。

それぞれの最高還元率といわず、JCBドライバーズプラスの最高還元率2%と同一の還元率に達しようとする場合でも、出光カードは出光SSで月間200L以上、シェルスターレックスカードはシェルSSで月間250L以上(シェルスターレックスカード)の給油が必要となります。

ちなみに、CFカードROUTE2000も、JCBドライバーズプラスと同様、給油料金+高速料金がキャッシュバック対象となりますが、CFカードROUTE2000のキャッシュバック率は最高1%にとどまります。

JCBドライバーズプラスの詳細情報はこちら>>

ガソリンカードのキャッシュバックシミュレーション比較はこちら>>

関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/77-c6f477de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック