クレジットカード業界の動向に沿って、おトクなクレジットカードをジャンル別に比較して解説。人気ランキングや注目のキャンペーン情報も発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

三井住友カードの自由払い型サービス「マイ・ペイすリボ」のポイント優遇制度が部分的に復活します。

三井住友カードは、2007年度まで、「マイ・ペイすリボ」登録期間中のショッピング利用分は、一律ポイント2倍付与(通常ポイント1倍+ボーナスポイント1倍)されていました。

「マイ・ペイすリボ」登録しながらも、毎月、初回支払い分で一括返済してしまえば、リボ手数料は全くかからないため、実質上、一括払いであっても裏ワザ的にポイント2倍もらえるうえ、このボーナスポイント分もANAマイレージ移行対象となっていたことから、とくにANAマイラー対象には、非常に魅力的なポイント優遇特典であったといえます。

ところが、この裏ワザ的にポイント2倍もらえてしまう上、ボーナスポイントもANAマイレージ移行という制度は、おそらくANAマイラーの標的となったのでしょう。結局、2008年5月26日(月)請求分(2008年4月末締め利用分)より、マイ・ペイすリボ登録時のポイント付与は、カードご利用金額の合計1,000円(含む消費税等)ごとに、一律2ポイントから1ポイントへ変更となりました。

これはANAマイラーにとって激震となったことはもちろん、ANAマイレージには余り関心のないカードホルダーにも失望を与える制度改悪でありました。リボ払い手数料のかからない支払方法に対してポイント2倍を廃止するというのは分かりますが、リボ払い手数料がかかる支払い方法に対してもポイント2倍を廃止するというのは、度を超えた改悪といった感がありました。

この改悪を機にオリコカードUPty iDライフカードのような高ポイント還元率のカードへの乗り換えを決断した方も、相当数に上ったであろうとことが予測されます。

ところが今回発表のマイ・ペイすリボの新ポイントサービス(2008年8月26日お支払い分より適用)は、三井住友カード会員にとっては、うれしいポイント制度改善発表となっています!

マイ・ペイすリボの新ポイントサービス
三井住友カード公式ページより
「マイ・ペイすリボ登録会員を対象に「リボ払いでお支払いいただくと、ワールドプレゼントのポイントが2倍」 となる新ポイントサービスを2008年8月26日(火)お支払い分より開始予定です。 詳細が決まり次第、順次ご案内させていただきます。」

「リボ払い手数料」のご請求がある月※のカードご利用代金について、通常のワールドプレゼントのポイントと同額分のボーナスポイントをプレゼントします。なお、ボーナスポイントはANAマイレージへは移行できません。
※新規にカードをご利用の場合、リボ払い手数料のご請求がある2回目以降のお支払い月に本サービスによるボーナスポイントを付与させていただきます。」

リボ払い・分割払い分に対してポイント2倍が提供されるサービスとしては、大手ではほかにもDCカードのポイントサービスなどがあります。

ただし、今回発表の「マイ・ペイすリボ」のポイント2倍サービスは、リボ払いのショッピング分にそのままポイント2倍が付くわけではなく、「リボ払い手数料が請求されている月のショッピング利用のポイントがすべて2倍」になる点が特殊です。

たとえば、「マイ・ペイすリボ」の毎月の支払額を3万円に設定しておき、
7月に35,000円の買物をした場合、
8月請求時には、獲得ポイント=35ポイント
8月の引き落とし後の残高5,000円に対するリボ払い手数料(月利1.25%)=62.5円が9月請求分にかかります。

そして8月に5万円の買物をした場合、
9月請求時には、前回のリボ払い手数料62.5円の請求がありますから、
獲得ポイントは2倍=通常ポイント50P+ボーナスポイント50P(250円相当)
がもらえます。

つまり、前回残高にかかるリボ払い手数料62.5円を支払うことで、ボーナスポイント250円相当がもらえるので、おトクなわけです。ただし、毎月の支払い設定額が5,000円とか1万円など少額に設定しておいた上で高額のカード利用をした場合は、引き落とし後の残高が大きくなるため、リボ払い手数料も大きくなりますから、「マイペイすリボ」登録で一律に還元率でトクになるわけではありません。

「マイ・ペイすリボ」の新ポイントサービスは、毎月の支払い設定額を若干上回るという使い方であれば、ポイント還元率でおとくになるといえるでしょう。

ちなみに、リボ払い指定分のみポイント2倍になる他社ポイントサービスでは、
5万円の買物をした場合、ポイント還元は通常ポイント50Pに加え、ボーナスポイント250円相当がつくものの、
リボ払い手数料は月利1.25% X 50,000円=625円
がかかりますから、ポイント還元率では損にします。

≫三井住友カードのサービス解説とカード一覧はこちら

関連記事
スポンサーサイト

よろしければクリックを
↓↓
banner_02.gif  e_03.gif

コメント
この記事へのコメント
住信カードでもポイント優遇サービスが復活
三井住友カードと同じVJAグループに属する住信カードでも、2008年9月10日請求分より、上述のワールドプレゼントポイント優遇制度が適用されます。
2008/07/29(火) 08:03 | URL | 達人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cardotokuinfo.blog89.fc2.com/tb.php/79-1881acad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。